株式会社 二鶴堂
リンク アクセス サイトマップ お問い合わせ
製品
はがき
名刺
書き方マナー
その他
葉書の書き方マナー集
時候のあいさつ 12ヶ月
新年

謹賀新年
新春の候
年頭にあたり謹んでご祝詞を申し上げます
謹んで新春のごあいさつを申し上げます

1月

厳寒の候
厳冬の候
寒さの厳しい毎日が続いておりますが
野山は白く冬将軍の訪れですが

2月

晩冬の候
余寒の候
立春とは名ばかりで、まだまだ寒さが続きますが寒さもようやくゆるみましたが

3月

早春の候
春寒の候
待ち遠しかった春の訪れに心はずむこの頃
花便りもほどなく聞かれる頃になり

4月

陽春の候
春暖の候
花咲春たけなわのこの頃ですが
陽ざしもやわらかく、すっかり春めいてまいりましたが

5月

新緑の候
薫風の候
すがすがしい初夏の季節となり
風薫るきょうこの頃

6月

立夏の候
梅雨の候
梅雨の晴れ間が恋しいこの頃ですが
すっかり夏めいてまいりましたが

 
7月

盛夏の候
炎暑の候
梅雨も明け、夏空がまぶしいこの頃ですが
猛暑のなか、ひと雨欲しいきょうこの頃

8月

晩夏の候
残暑の候
毎日厳しい暑さの続くこの頃
立秋とは名ばかりの暑さですが

9月

初秋の候
新秋の候
朝夕は日ごとに涼しさの増すこの頃
さわやかな初秋の季節となりました

10月

秋冷の候
錦秋の候
日ごとに秋の深まりを覚えるこの頃
菊薫る好季節となりましたが

11月

向寒の候
晩秋の候
朝夕は冷気が身にしむ頃となりました
秋の夜長をしみじみ感じるきょうこの頃

12月

寒冷の候
師走の候
歳の暮れも押し迫りましたが
寒さもいっそう身にしむきょうこの頃

前文の書き方
 前文は、いろいろなあいさつの言葉があり、言葉は知っていてもどう使っていいのかむずかしく考えがちですが、決まり文句を使えばかえって簡単です。 頭語と結語  手紙は、「頭語」で書き始め、「結語」で締めくくります。 簡単にいえば、「こんにちは」で相手を訪問し、「さようなら」で帰っていくようなものです。  頭語と結語は、あらたまった場合、急ぎの場合など、場面によって使い方が決まっていて、必ず対にして使うことになっています。
頭語と結語の関係

◆一般的な場合

 拝啓(啓上、拝呈、一筆申し上げます)・・・敬具(敬白、拝具、かしこ)

◆丁重な場合

 謹啓(恭敬、謹んで申し上げます)・・・謹言(謹上、謹白、あらあらかしこ)

◆急ぎの場合

 急啓(急呈、急白、とり急ぎ申し上げます)・・・草々(不一)

◆前文を省く場合

 前略(冠省、前略ごめんください)・・・草々(不一、敬具、敬白、拝具)

◆面識のない人に出す場合

 拝啓、謹啓、突然で失礼ですが・・・敬具、謹言、拝具

◆再度出す場合

 再啓、再呈、追呈・・・敬具、拝具

◆返信の場合

 拝復(敬復、復啓)・・・敬具(拝答、謹答)

株式会社 二鶴堂

新見本社
〒718-0016 岡山県新見市金谷977-1
TEL0867-72-1343
FAX0867-72-8853
岡山営業所
〒700-0975 岡山県岡山市北区今8丁目2-28
TEL086-246-1710 
FAX086-246-1708
Copyright(C)Nikakudo CO.,Ltd. All Rights Reserved.